給湯器からポタポタ水漏れする原因

自宅で使っている給湯器をある日見たとき、本体からポタポタ水漏れが起きていた、このようなこともあるかもしれません。水抜など正常な動作の結果も考えられますが、内部で何らかの異常・劣化の起きている可能性も否定できません。考えられる原因について、以下で詳しく見ていきます。

■部品の劣化

長年同じものを使っていると、給湯器を構成する内部パーツの劣化が起こりやすくなります。その中でも特に注意したほうがいいのは、パッキンです。このパーツはゴム製ですから、材質的に劣化が進みやすいです。徐々に劣化が進み、ひび割れなどを起こします。このためすき間ができて、そこから水漏れが発生するわけです。この場合、パッキンを新しいものに交換すれば問題を解決できる可能性は高いです。特に10年以上交換していない場合には、パッキンの劣化だけでなく本体の寿命でもあり、いつ漏水がいつ起きてもおかしくないと思っていいでしょう。

■初期不良によって問題の発生することも

部品の劣化は10年など、ある程度の期間使い続けて初めて発症します。しかし水漏れトラブルに悩まされている家庭を見てみると、給湯器を設置してまだ間もないという事例も一部見られます。もし心当たりがあれば、施工時の整備不良が原因かもしれません。そのほかには設置した機器に初期不良が起きている可能性も否定できません。いずれにしてもこの場合、施工業者に連絡して設置状況に問題がなかったか相談してみることです。

■まとめ
給湯器のポタポタ水漏れの原因として、ある程度の期間使い続けていれば、内部パーツの劣化の可能性が高いです。一方設置してすぐに問題が起きているのであれば、施工ミスなどが疑われます。水漏れは放置しても勝手に直ることはまずないです。気が付いた段階で専門業者に連絡して、どのような問題が発生しているかチェックしてもらうのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ