給湯器の水漏れでお湯が出れば問題ない症状も

給湯器から水がポタポタたれているようであれば、故障したと思うのは無理ないことです。しかし本体に問題がなくても、水漏れのような症状を呈することがあります。具体的にどのような症状であれば、水のトラブルではないのでしょうか。判断のポイントについて紹介します。

■長期間使っていない場合

旅行や出張など、長期間自宅を空けて給湯器を使っていないときに水漏れのような状況に陥ることがあります。これは長期間使用していないと内部の圧力が高まります。そこで減圧するために内部の水を排出しているからかもしれません。もし長期間使っておらずに水漏れのような症状が見られれば、お湯を出して様子を見ましょう。エラー表示などの問題が見られないようであれば、故障ではないと考えられます。そのまま使っても深刻なトラブルは起きません。

■水抜栓の動作

給湯器には水抜栓が設けられています。ここから水が垂れている場合、正常な作動ですから修理などの必要はありません。水抜栓が機能するのは減圧のほかにも、水の凍結防止などのためと考えられます。また、点検をする際に配管内の水を抜くために使われる場合もあります。通常、自動的に水の流れは止まります。ただし水抜栓から頻繁に水が出る、多く水が出ている場合には故障の可能性も出てきます。その場合、水道業者に連絡して一度見てもらった方がいいです。

■まとめ
頻繁に使用するものなので、給湯器から水漏れがあると心配になるのは無理もありません。しかし故障していなくても、給湯器の機能によって水が流れだすこともあります。ただしもし本当に故障していると、そのまま放置するのは危険です。いずれお湯が出なくなることも考えられますし、不完全燃焼を起こすことにもなりかねません。不安であれば業者に連絡して、専門家に診断してもらった方が安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ