蛇口の交換とは違う給湯器の水漏れはプロに依頼

蛇口をひねればお湯の出る給湯器は、家電の中でも欠かせない存在です。冬場はもちろんのこと、夏場も含め年間使い続けている家庭も多いでしょう。もしその給湯器で水漏れが起きると使用を中断しなければならず、日常生活にもこの水のトラブルにより支障をきたすでしょう。ただ給湯器は自分で修理するのは難しいですし、危険です。素人が行う危険性について、以下で詳しく紹介していきます。

■間違えれば状況を悪化することにも

業者にお願いするとお金もかかるので、自分で何とかしようと思わないことです。蛇口や水栓などの部品交換は自分でできるかもしれませんし、方法についてもネットで解説しています。しかし給湯器の場合、少しでも誤るとほかの部分で水漏れが起きることもあり得ます。また厄介なのは配電設備に漏れた水が広がってショートしたり、不完全燃焼を起こしたりすることです。配電を傷めてしまえば完全に故障しますし、不完全燃焼は一酸化中毒などの危険性を高めます。

■修理ではなく交換の必要も

給湯器も機械の一つで、長年使っていると部品の劣化を招きます。もし古い機種で水漏れなどの不具合の発生している場合、機械そのものが寿命を迎えているのかもしれません。使い方によっても異なりますが、大体耐用年数はどのメーカーでも10年から15年程度といわれています。設置してこれくらいの期間が経過している場合、修理ではなく交換してしまった方がいいです。このような判断もプロに見てもらってアドバイスをもらった方が正しい処置もできます。

■まとめ
給湯器は多種多様なパーツで構成されているので、どこを交換すればいいかなど素人が正しく見分けるのは難しいです。事態を複雑にする可能性は高いです。また寿命による水漏れも考えられ、その場合交換が必要でますます専門的なスキルが求められます。長年使って、ある日突然水漏れが発生しているのなら水道業者のスタッフに来てもらった方がいいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ